見積り依頼問い合わせ

安い・早い!紙版印刷

安い・早いの紙版印刷。
データ入稿の場合、文字化け*や改行位置のズレ*(レイアウト崩れ)などのチェックが必要です!!
データ入稿でも必ずプリントアウトは必要となります。
弊社ではデータでの入稿・紙ベース(アナログ)での入稿、どちらでもOKです。

文字化け*
ソフトウェア等の規格の違いなどが原因で、文字が他の文字に置き換わって表示されること。
データを開く際に、データ作成側が使用した書体と同じ書体が無い場合などに他の文字・書体に置き換えられる。
注:特殊な書体や外字は使用せず、標準搭載ソフトの標準搭載書体を使用する。

改行位置のズレ*
データ作成側では文頭から15文字で改行されていても、データを受けた側では14文字・16文字で改行される場合があります。作成ソフトのバージョン違いやプリンタドライバの違いによると思われます。

紙版印刷

長所
オフセット印刷よりも工程が少なく、入稿されてから仕上がりまでの日数がかかりません。
小部数の場合、オフセット印刷にくらべてかなりの安価で印刷できる。
データ入稿、紙ベース(アナログ)での入稿のどちらでも同じ値段。データ・アナログ両方混合での入稿はできません。
短所
多色印刷は不可。
オフセット印刷にくらべて写真画像等は粗くなる。
印刷可能な用紙が限られる。(アート・コート系は不可)

オフセット印刷

長所

写真画像等の網点が細かくても印刷可能。鮮やかに仕上る。
多色刷りが可能。
部数が多い場合、紙版印刷にくらべて安価で印刷できる。
印刷可能な用紙種類が豊富。

短所
データ入稿の場合、制約事項が多い。
工程が複雑なため、仕上がりまでの日数がかかる。
小部数でもコストがかかる。
紙版印刷で写真を印刷する場合は、データとプリントアウトしたものをご用意ください。
データの代わりに生写真でも結構です。

印刷物(雑誌・書籍)を原稿とする場合、仕上がりは粗くなります。
特に写真画像は、モアレ*の原因になりますので避けて下さい。


モアレ*
2つ以上の規則的な模様を重ねる場合などに見える、大きな周期の模様を「モアレ縞」と言う。
印刷された画像(印刷時の網模様がある)を、イメージスキャナなどで読み取る場合に発生し、画質を低下させることがある。 印刷物の画像の場合、すでに網点が掛かっていて、その上にさらに網点を掛けたときに発生する。

  • 原稿について
  • 入稿形態(アナログ/データ)
  • 面付け(版下作成)方法
  • 入稿時の注意点
  • 印刷
  • 種類
  • 安い・早い!紙版印刷
  • カラー印刷について
  • 写真画像を使用するには
  • 印刷での注意点
  • 製本
  • 綴じ方法の種類
  • 特殊加工
  • 製本の注意点
  • 納品
  • 納入とお支払いについて
  • 用紙見本
  • 本の豆知識
  • お問合せ
  • 会社概要