見積り依頼
問い合わせ

綴じ方法の種類

本にはいろいろな綴じ方法があり、その種類によって印刷工程・製本工程も変わってきます。
また、種類によって本の強度も違います。

ハードカバーの上製本や、文庫本・教科書によく使われている無線綴じ製本は製本方法でもっともポピュラーです。また、強度は落ちますが本の背中の部分をホッチキスでとめている製本方法が中綴じ製本です。 その他に、本文を切り取って使う問題集・メモ帳などの天のり製本や、平綴じ製本マーブル・クロス巻などあります。

上製本(ハードカバー)
並製本 - 無線綴じ ・ 平綴じ ・ 中綴じ

簡易製本 - 天のり ・ ファイル綴じ等

上製本

表紙にボール紙のような厚手の紙を使い、その上に布やクロス生地を貼り、糸かがりや無線綴じで本文を綴じる方法です。

表紙に厚紙を使っていますので、かなり強度もあります。背の部分は、丸くする丸背、角をつける角背ができます。

表紙部分にカバーを巻いたり、箱(ケース)に入れている場合もよくあります。

学校の論文や、記念誌などによく見られます。

角背上製本は20部以上のご注文から承ります。丸背上製本は50部以上からとなります。

上製本イメージ上製本イメージ

まずは無料見積もり・ご相談

お電話でのお問合せ
お電話番号
メールでのお問合せ
お問合せはこちら
お見積もりはこちら

正確な費用を無料で見積もり

無線綴じ

無線綴じは最も多く、一般的な綴じ方法です。

ホットメルトと呼ばれる製本用糊を高温(180~200度)で溶かして、本文に表紙を接着させます。このホットメルトという糊は、速乾性があり温度が下がると固まりますので、強度もかなり高くなります。

見返しなどの加工をすると、更に強度は高くなります。

電話帳や教科書も、この綴じ方法で製本されています。

無線綴じイメージ無線綴じイメージ

中綴じ

中綴じはホットメルト等の糊は使用せずに、本文、表紙をホッチキスで綴じる方法です。

ホッチキスで数ヶ所とめているだけなので、強度は落ちます。

頁数の多い場合は中綴じ製本では綴じることができませんので、無線綴じ製本となります。

雑誌や取扱説明書などによく見られます。

無線綴じイメージ無線綴じイメージ

天のり

天のり・糊固めは、伝票やレポート用紙、メモ帳など、用紙を1枚ずつ切り取って使用できるようにした綴じ方です。

強度も弱く、事務用糊でも製本できます。

無線綴じや中綴じのように、本文を表紙でくるむのではなく、本文同様に表紙、裏表紙も糊で固めます。本の「天」や「背中」を糊で固めるのが一般的です。

天綴じイメージ

まずは無料見積もり・ご相談

お電話でのお問合せ
お電話番号
メールでのお問合せ
お問合せはこちら
お見積もりはこちら

正確な費用を無料で見積もり

  • 原稿について
  • 入稿形態(アナログ/データ)
  • 面付け(版下作成)方法
  • 入稿時の注意点
  • 印刷
  • 種類
  • 安い・早い!紙版印刷
  • カラー印刷について
  • 写真画像を使用するには
  • 印刷での注意点
  • 製本
  • 綴じ方法の種類
  • 特殊加工
  • 製本の注意点
  • 納品
  • 納入とお支払いについて
  • 用紙見本
  • 本の豆知識
  • 会社概要
  • お問合せ
  • お問合せ

※祝日はお休みとなります。