見積り依頼問い合わせ

本の豆知識

本の各部名称

本の各部名称
1.背中
2.天
3.地
4.小口(こぐち)
5.見返し
6.のど
7.スピン(ひも)

綴じ方向

綴じ方向
表紙を見て左を綴じるなら「左綴じ」、右を綴じるなら「右綴じ」

綴じ方向

表紙面
表1---本の「顔」となる部分です。タイトルや作者名が入ることが多いです。
表2---表1の裏側(内側)です。
表3---裏表紙の裏側(内側)です。
表4---裏表紙
右綴じの場合、表紙タイトル部分「表1」~「表4」が左右逆になります。

規格寸法

  短辺寸法 長辺寸法
B4規格 257mm 364mm
B5規格 182mm 257mm
B6規格 128mm 182mm
A3規格 297mm 420mm
A4規格 210mm 297mm
A5規格 148mm 210mm

印刷の歴史

B.C.2000年頃、メソポタミア、古代エジプト

貝殻や石にきざんだ文字を原型にして、それを柔らかい粘土に押しつけ
複製物を作る。

A.D.105年頃、中国

製紙方法が発明される。ヨーロッパには約1,000年後に伝わる。

A.D.500年頃、中国

すすをにわかで溶いたものをインキとして木版刷りが行われる。

A.D.1040年頃、中国

1文字ずつ入れ替えのできる版文字が粘土を焼いて作られる。
200年後に金属活字、さらに木活字が作られる。

A.D.1410年頃、ヨーロッパ

金属に印刷できる油性インキの発明。

A.D.1445年、ヨーロッパ

人類史上に残る、グーテンベルグによる活版術の発明。

このように、印刷技術は中国において発達してきました。後にヨーロッパへ伝わり、
近代印刷術の母胎が作られました。

社団法人 日本印刷技術協会 「印刷技術概論」より

  • 原稿について
  • 入稿形態(アナログ/データ)
  • 面付け(版下作成)方法
  • 入稿時の注意点
  • 印刷
  • 種類
  • 安い・早い!紙版印刷
  • カラー印刷について
  • 写真画像を使用するには
  • 印刷での注意点
  • 製本
  • 綴じ方法の種類
  • 特殊加工
  • 製本の注意点
  • 納品
  • 納入とお支払いについて
  • 用紙見本
  • 本の豆知識
  • お問合せ
  • 会社概要