見積り依頼問い合わせ

面付け(版下作成)方法

印刷では1枚の用紙(A3・B4用紙)に表裏4頁分もしくは8頁分を印刷し、それを2つもしくは4つに折り製本します。
従って面付け作業も、表面と裏面の2種類の版下を作成しなければなりません。

無線綴じ

無線綴じの場合、下図のように順次1~4頁、5~8頁と4頁ずつ組んでいきます。
仕上がりサイズA4・B5
※使用用紙A3・B4

サイズA4・B5


仕上がりサイズA5・B6

※左綴じタイプ

サイズA5・B6

中綴じ

中綴じの場合、下図のように最初からの2頁分と最後からの2頁分、次は最初からの3・4頁と最後からの3・4頁を組みます。
仕上がりサイズA4・B5
※使用用紙A3・B4

サイズA4・B5


仕上がりサイズA5・B6

サイズA5・B6

  • 原稿について
  • 入稿形態(アナログ/データ)
  • 面付け(版下作成)方法
  • 入稿時の注意点
  • 印刷
  • 種類
  • 安い・早い!紙版印刷
  • カラー印刷について
  • 写真画像を使用するには
  • 印刷での注意点
  • 製本
  • 綴じ方法の種類
  • 特殊加工
  • 製本の注意点
  • 納品
  • 納入とお支払いについて
  • 用紙見本
  • 本の豆知識
  • お問合せ
  • 会社概要