見積り依頼問い合わせ

特殊加工

いろいろな加工ができます。いわば、オプション的な加工で、自由に選ぶことができます。

P.P加工

P.P加工とは、表紙の表面をビニールで貼り、強度をあげる為の加工です。水にも強く、破れにくくなります。

その他、マットP.P加工などもあります。

これらの加工は印刷された後、紙そのものに加工します。

P.P加工

見返し

見返しとは、表紙・裏表紙の裏面(本文側)と本文のトップ、ラストのページを糊で貼りあわせた加工です。

表紙と本文の接着力の強度があがり表紙がはがれにくくなります。

上製本や無線綴じ製本に使われます。

見返しイメージ

筋入れ

筋入れとは、表紙が厚紙などの曲がりにくい紙の時に、折り目をあらかじめ入れて曲がりやすくし、本を開きやすくします。

その他に、本文の1頁や1部分をちぎり取れるように、「ミシン」を入れることもできます。

筋入れイメージ

箔押し

表紙や本文の文字を、金色・銀色等の箔で印刷する。

一般の印刷とは違った工程で、金型を作り、箔を押す。

ハードカバーの上製本などによく見られます。

箔押しイメージ箔押しイメージ

筋入れ

本をファイルで保管したり、ひもを通して何冊かをまとめるときのために穴をあけます。

一般的に背中より10ミリの位置、穴と穴のピッチは80ミリ、穴の直径は6ミリです。

穴の位置・ピッチ・穴数は変更可能です。

パンチ穴イメージ
その他にも、いろいろな加工を承ります。ご要望がある場合はお知らせ下さい。
  • 原稿について
  • 入稿形態(アナログ/データ)
  • 面付け(版下作成)方法
  • 入稿時の注意点
  • 印刷
  • 種類
  • 安い・早い!紙版印刷
  • カラー印刷について
  • 写真画像を使用するには
  • 印刷での注意点
  • 製本
  • 綴じ方法の種類
  • 特殊加工
  • 製本の注意点
  • 納品
  • 納入とお支払いについて
  • 用紙見本
  • 本の豆知識
  • お問合せ
  • 会社概要