用紙見本 自動見積り お問合せ 閉じる
自動見積り お問合せ 電話する

本ができあがるまで

1.入稿

プリントアウト原稿を弊社でスキャニングしデータ化します。原稿にある汚れ・しわ・折り目などは、そのまま印刷へと反映されます。

※写真画像を使用するとき
他の印刷物から原稿撮りする場合、写真にはモアレという独自の模様が入ることがあります。
アナログ原稿入稿の場合、写真補正はできません。

お客様がパソコンで作成されたデータをCD・USBメモリー等に保存し、入稿。 (プリントアウトしたものも必要です)

※写真画像を使用するとき
写真画像の元データは基本的に必要ありませんが、弊社にて写真画像の明るさ・コントラスト・拡大縮小等の調整を行う場合は必要になります。

2.面付け

アナログ原稿の場合は、文字化けやレイアウト崩れはありません。
しかし、原稿に付いているゴミ・汚れを画面上でできるだけ除去し綺麗な状態にいたします。

いただいたデータとプリントアウトしたもので、文字化け・レイアウト崩れが無いかを、おおよそチェックします。(ワード・イラストレーター等データ)PDFデータに変換し、もう一度チェックを繰り返します。

問題が無ければ、パソコン上で面付けします。プリントアウト原稿を入稿の場合と違い、台紙に貼り付ける作業はありません。

必要な場合は、写真画像・イラストの調整・処 理もこのときに行います。写真画像の調整・処理 は一つ一つ行う必要があるので、元データも一つ一つ必要になります。

3.刷版

以降アナログ・デジタル原稿共通

面付けの終わったデータを製版機に送り、紙版(マスター)に直接出力します。
オンデマンド印刷の場合は、紙版への出力は必要ありません。面付されたデータは印刷機に直接送られます。

4.印刷

紙版を印刷機に取り付け、用紙の表裏に印刷します。
1枚の用紙に表裏を印刷しますので、表面1版、裏面1版の合計2版が必要になります。

- A4・B5で片面に2ページ分、表裏で4ページ分を印刷します。
- A5、B6の場合は、片面に4ページ分、表裏で8ページ分を印刷します。

5.製本

製本工程

製本工程 製本工程

綴じ

1.折り・・・一枚の用紙に4頁分、8頁分が印刷されているので頁が続くように用紙を折る(折丁)
2.丁合・・・種類(台紙)別に折った折丁をつないでいく。
3.綴じ・・・無線綴じの場合はホットメルトで、中綴じの場合は針金で綴じる。
4.断裁・化粧・・・綴じた部分以外の3方を断裁する。
5.包装・・・出来上がった本を包装する。
6.納品・・・納品する。

6.発送・納品

でき上がった本は宅配便で発送いたします。
近隣のお客さまには直接納品もさせていただきます。
1冊ずつの個別発送・複数ヶ所への発送・代引き発送などあらゆるご要望に対応いたします。
ただし、発送の前々日までにお知らせいただいた分のみの対応となります。