用紙見本 自動見積り お問合せ 閉じる
自動見積り お問合せ 電話する

本ができあがるまで

1.入稿

プリントアウト原稿を弊社でスキャニングしデータ化します。原稿にある汚れ・しわ・折り目などは、そのまま印刷へと反映されます。

写真・イラストなどの画像もレイアウト済みでプリントアウトしてください。弊社にてスキャンしてデータ化します。
文字化けはありませんが、原稿の汚れ・歪みはそのまま印刷に反映されます。

お客様がパソコンで作成されたデータを入稿。 (プリントアウトしたものも必要です)

写真・イラストなどの画像もレイアウト済みのデータを入稿してください。

2.面付け

お送りいただいた原稿をスキャンしてデータ化します。後はパソコン上で面付し出力します。
アナログ原稿で入稿の場合は、写真画像の調整・補正は行えません。また、印刷物からの原稿撮りは、モアレという模様が発生する場合がありますのでご注意ください。

いただいたデータとプリントアウトしたもので、文字化け・レイアウト崩れが無いかを、おおよそチェックします。(ワード・イラストレーター等データ)PDFデータに変換し、もう一度チェックを繰り返します。

問題が無ければ、パソコン上で面付けし出力します。

必要な場合は、写真画像の調整・補正もこのときに行います。写真画像の調整・補正は一つ一つ行う必要があるので、元データも一つ一つ必要になります。

3.刷版

以降アナログ・デジタル原稿共通

面付けの終わったデータを製版機に送り、紙版(マスター)に直接出力します。
オンデマンド印刷の場合は、版の出力は不要でデータから直接紙に印刷いたします。
弊社ではご発注部数によって紙版印刷・オンデマンド印刷を区別しています。

4.印刷

用紙の表裏に印刷します。
1枚の用紙に表裏を印刷しますので、表面1版、裏面1版の合計2版が必要になります。

- A4・B5で片面に2ページ分、表裏で4ページ分を印刷します。
- A5、B6の場合は、片面に4ページ分、表裏で8ページ分を印刷します。

5.製本

製本工程

製本工程 製本工程

綴じ

1.折り・・・一枚の用紙に4頁分、8頁分が印刷されているので頁が続くように用紙を折る(折丁)
2.丁合・・・種類(台紙)別に折った折丁をつないでいく。
3.綴じ・・・無線綴じの場合はホットメルトで、中綴じの場合は針金で綴じる。
4.断裁・化粧・・・綴じた部分以外の3方を断裁する。
5.包装・・・出来上がった本を包装する。
6.納品・・・納品する。

6.発送・納品

遠方のお客様は宅配業者での発送となります。代金は、代引きかお振込みとなります。

でき上がった本の個別発送・複数ヶ所への発送も承っております。詳しくはお問い合わせください。