ニシダ印刷製本の口コミ・評判まとめ

ニシダ印刷製本 > 基礎知識 > ニシダ印刷製本の口コミ・評判まとめ

2017-06-08

ニシダ印刷製本の口コミ・評判まとめ

基礎知識 自費出版サービス

はじめて利用する初心者から、何度もリピートしているベテランまで幅広く高い評判を得ているニシダ印刷製本を実際ni利用したユーザーの口コミをまとめました。

高校卒業の思い出のアルバムを作成し記念品として残す為

この印刷業者を利用したきっかけとしては、他にも色々な印刷業者を検討していたのですが最初にご挨拶に行った際に、とても礼儀が良く出迎えてくれたからです。印象としましては清潔感のある会社お客様を大切にする会社であると感じました。少量の依頼に対しても予算やアルバムの配置など親身に聞いてくれて、印刷屋さんならではのアドバイスも頂く事’が出来たので、この会社さんは本当に自分たちの仕事に誇りを持って作業し、お客様の事を大切にし良い印刷物を行っているのだと感じました。色々アドバイスを頂いたりしたのにも関わらずお値段は変わらなかったのです。他社様に関しては、配置構成料など別途費用が掛かってしまう会社様もあったのです。

値段が安く上がったのでここに決めて頼みました。

色々調べていくうちにニシダ印刷製本がまとめて印刷すると安く仕上がる事が分かったので同人誌を作るにあたってお世話になりました。同人誌を作るにあたっていかにコストダウンをするかが問題でしたので以下に印刷コストを抑えるかが重要になってくるので他の印刷会社さんの金額も調べてから発注しました。同人誌を作るうえで外せないのが印刷です。いかに安く印刷製本できるかがポイントでよくかお馴染みになると安く利用できるとか聞きますがコミケの回数も決まっているので顔なじみになるには当分かかりそうなのでそちらは諦めます。初めて自分の本ができた時は感動で我が子のように可愛いと思うし愛おしいですね。同人誌と言う作業に携われてよかったと思う瞬間ですね。

仕上がりまでが早く、費用が安く済みました

サークルで絵本や短い物語を書いています。イベントで自費製作をした本を展示販売することになり、業者を探していました。サークルメンバーでお金を出し合って製本にするので、予算がかなり限られていたのですが、ホームページにある料金表と表紙見本ページが分かりやすかったので、仲間を一緒にここに依頼することを決めました。全くの素人なので、出来上がるまで知識がなかったのですが、電話で問い合わせると電話口に出た男性に要望を伝えると話が早く、早速具体的な納品までの過程を丁寧に教えてくれました。基本的にはHPで簡単に発注から納品まで行えますが、私はネットに自信がなかったのでこうして電話をしました。勝手が分かるとネットで手軽に依頼できるようになりました。

イベントで使用するチラシを見た目が良い物にするために利用しました

地域のフリーマーケットのイベント用のチラシを印刷するために、ニシダ印刷製本を利用しました。地域のフリーマーケットですが、毎年行われる少し規模の大きなイベントだったのですが、大量のチラシが必要になるため、プロに印刷会社に依頼を行うことになりました。イベント用のチラシのデザインはこちらで考えたのですが、ニシダ印刷製本ではデザインのアドバイスも行ってくれ、安心して依頼を行うことができました。また、実際の印刷を行う前に紙の素材や文字の形までしっかり打ち合わせができましたので、信頼感を得ることができました。自分で印刷を行えばとても時間がかかり、さらに驚くほどの紙代やインク代が発生しますので、やはりプロの印刷会社に依頼をした方が多くの面で安心できます。

添付図面の多く自分で行うことができない会社の契約書の製本を依頼しました

建設会社のため、多くの図面を添付する契約書の製本はとても難しく、さらに時間がとてもかかってしまいます。お客様に提出する契約書ですから、見た目にもこだわる必要があるため、ニシダ印刷製本に契約書の製本依頼を行うことにしました。ニシダ印刷製本は、いつも利用している印刷製本会社ですが、スピーディーでさらに綺麗な製本技術はとても信頼できる部分です。また、契約書には多くの図面を添付するのですが、図面のサイズが契約書のサイズと全く違うため、折り込んで添付するのはとても難しい作業になります。しかし、さすがはプロの技術だと関心するほど、ぴったりのサイズで綺麗に製本ができあがるのを確認したときは、費用がかかってもやはりプロに依頼をするべきだといつも感じさせてくれます。

リーズナブルな価格で自費出版などにもおすすめ。

大学の研究論文の冊子を作成しなければならなくなりました。自費での作成のため、できるだけ費用を抑えることができる業者さんを探していました。ネットの口コミでは、ニシダ印刷製本は、お手頃な価格で対応してくださる業者だということで、詳しい費用や納期など直接お電話で確認してみることにしました。実際に確認してみたところ、費用についても詳しく、わかりやすく提示してくださり、コストを抑えたいというこちらの要望にもできるだけ添えられるような形で対応してくださったので、とても感謝しています。リーズナブルなお値段で対応してくださりましたが、できあがった冊子は品もよく、希望以上のものができあがったので、とても満足しています。

小説を書き始めて、ニシダ印刷製本を利用するようになりました

数年前から小説を読むことにハマっていました。それ以前は正直申し上げますと本を読んだ経験があまりなかったのですが、徐々に日常にゆとりが生まれ、本を手に取る時間が増えました。小説をたくさん読んで感じたことが、「わたしも小説を書いてみたい」という気持ちでした。そのような心理状態になってから初心者ながらこれまで3冊もの小説を書きました。せっかく書いたのだから出版社にそれを見せたいと思い、それようの小説を作成しようとしたときに利用したのがニシダ印刷製本です。初心者なのでそのようなハードカバーの本を作成する費用の相場など分からないことが多かったのですが、詳細な見積もりを作成してくださり、非常に正確だったので好感が持てました。

手書き原稿でOK,お手軽時短のニシダ印刷製本

仕事柄大量の文章を毎日書くのですが、それをパソコンに打ち直す作業が非常に時間がかかってしまい、それが仕事上の大きな悩みでした。いつもの仕事の流れとしては、原稿用紙に万年筆で文章を書き綴っていき、それが溜まったら追っかけるようにパソコンに取り入れていくのですが、パソコン自体は使い慣れているものの、ブラインドタッチなどができず、キーボードを打つ作業がどうしても一般の人と比べてしまうと劣っていました。その作業を代行して行ってくれる業者を探していたのですが、印刷と同時にそのような手書き原稿の打ち込み業務を受託している会社を見つけ、それがニシダ印刷製本でした。打ち込み作業と製本が一体化したプランがあるので非常にリーズナブルです。

会社の社史を作ることになり印刷を発注しました

私が会社の総務人事部の総務課に在籍していたとき、社長からの指示で社史を作成することになりました。会社が設立されて20周年となったことを記念して、製作したいとの社長の強い意向でした。私は、他の会社でどのような社史が作られているかを確認するため、何度か規模の大きな図書館に出向いて、他の会社の社史の内容や体裁をチェックしました。その結果、体裁については、上質で厚みのある表紙を用いて、中身の紙質についても上質であることが望ましいと判断しました。そして、社史を製作するには、これと同等の上質の印刷を手掛けていることに慣れている印刷会社に発注することが望ましいと判断し、ニシダ印刷製本に発注することになりました。ニシダ印刷製本の担当者からは、表紙や扉に使用する紙の見本を多数用意してもらいましたし、色合いの選択についても多くの色の見本を見せてもらい、存分に時間を費やして社長が満足する品質の社史を印刷することができたのでした。

大学の学会発表の為に利用した、丁寧な対応の出版社

大学の学会の際に論文を作成し、配布する機会がありました。その時に利用させていただきました。私は「とにかく冊子になればいい」くらいに思っていたのですが、見積もり、入稿方法、色選び、入稿期限、納品日に至まで丁寧に対応して頂きました。私は50ページ程の論文を100部印刷したのですが、一冊あたり、確か300円ほどでした。色は黒にしたのですが、追加料金で、様々な色が選べるようで、上品な色のものが多くありました。(黒にすると追加料金は発生しませんでした)今まで使用した印刷店の中で最も詳細まで丁寧な対応をして頂いた会社だと思います。今回は利用しませんでしたが、アナログデータの入稿も受け付けているようで、その違いなども丁寧に説明してくださいました。また機会があれば利用しようと思います。